スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマの大輪

2009/09/21 19:30
久しぶりの育成論です。今回はジョウトの御三家の第2弾です。


(※自論が多いので参考程度にお願いします。)


ハートゴールドはヤナギを突破したところでしてまだ書けないという訳です。あまりにも遅いと感じるかもしれないですが、もう少しお待ちください。

12/25 21:03 文を追加しました。

i_meganiumu.gif
メガ二ウムです。

チコリータ→ベイリーフと進化し、さらにベイリーフが進化したのがメガニウムです。
バクフーンと同じくジョウト地方の最終進化系の一体でありこちらは草タイプとなります。
次は書く育成論は分かると思います。

そのあたりにして基本データです。


HP80  攻撃82  防御100  特攻83  特防100  素早さ80

タイプ 草

タイプ相性

2倍 氷/炎/虫/毒/飛行
1/2 地面/水/草/電気

特性 新緑(HPが1/3以下の時、草タイプの技が1.5倍になる。)

タマゴグループ 怪獣/植物

特防、防御が最も高く、他の能力は平均的となっております。また弱点も5つと多いため受けられる相手は限られるのは痛いところです。
しかし、地面・岩といった相手は得意としているのでそちらに出すといい感じになると思います。
また、数少ないアロマセラピーを使うことができますのでこの技を採用しtれもいいですし、タマゴ技では宿木の種、カウンター、補助技としても優秀な光の壁、リフレクター、神秘の守りを使うこともできるので器用なポケモンです。
ただし、水タイプは氷技を持っていることが多いので注意が必要です。



ということでメガニウムを使った戦術の一例を紹介します。


宿木の種+守る戦術
宿木の種/守る/リフレクター/草結び(エナジーボール)@食べ残し 図太い

努力値はHP252、防御252、残りはお好きなようにどうぞ。

珍しく私が使っている戦術を書いてみました。特に防御に特化することや守るを採用することで完全に得意な相手対策にに特化してみました。
ただし宿木の種は草タイプに効かないという欠点があったり、剣の舞を使われたりする危険性を持ち合わせていますので注意が必要です。

サポート+受け戦術
草結び/光合成/アロマセラピー/宿木の種(光の壁、リフレクター)@食べ残し 図太いor穏やか

努力値はHP252、防御or特防に252、残りはお好きなようにどうぞ。

こちらの戦術は長期戦となりやすい6-6に活躍できると思います。
アロマセラピーによる状態異常の回復、宿木の種を使うことによる後続の回復(すぐ戻す場合が多いです)など柔軟に対応できるのが強みとなっています。
もちろん地震や種爆弾といった物理技を使うというのもありです。(その場合は腕白、慎重をオススメします。)
地震は苦手な炎タイプの弱点を突くことができます。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。