スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバ・レポート

2009/09/13 15:12
ジエン・モーランの記事があれなのでアルバトリオンだとこのような記事名に(

別名を煌黒龍ともいいます。
オンライン上位のラスボス的なやつですが続きからどうぞ。

戦う場所は熱い場所になるのでクーラードリンクは必須です。

アルバトリオンの特徴としてはなんと4つの属性を使うところが上げられます。
ただし特徴がありまして、空を飛んでないときは、龍属性の突進と火属性のブレスを使い、空を飛んでいる時は雷属性の突進と氷属性のブレスを使います。

どんな装備でもすべての属性やられには同時に対応できるわけでないので、(スキル 逆鱗の守り{全ての属性やられを無効にする。}があれば別ですがw)対応するのは基本的に空を飛んでないときの属性だけでいいです。(火・龍属性)

例としてランスであれば、アグナGシリーズに龍耐性+20をつけるなどして対応すれば十分です。
龍属性やられはかなり討伐時間に影響がでますので、しっかりとしておきましょう。

弱点属性に関しては、確定情報ではないんですが(MH3@wikiより)飛んでいない時は水・氷、飛んでいる時は火・龍が効くそうです。

空を飛んでいる時は攻撃しにくいので閃光玉でむりやり叩き落とすということも大事です。

やはりコイツをやる理由としては天をつらぬく角(通称天角)が出にくいということもあります。

部位については破壊に関しては別々に書いていきます。

まずやるほとんどの人が狙うであろう角から書きます。

頭を狙う必要があるのですが、通常時では高くてほとんどの武器は届きません。
ですので麻痺を使うのと壁に角をさして攻撃する方法があります。

麻痺役は基本的に脚を中心に攻撃します。
太刀で麻痺を狙う人は基本的に麻痺中は脚もしくは尻尾を狙う事をオススメします。
ハンマーやランスで頭を狙う人を転ばせてしまい、角が破壊できなかったってことになりますのでw
同じく巻き込みやすいスラッシュアックスにもいえることではないでしょうか。

逆に頭を狙うのは気絶させることのできるハンマー、リーチの長さであまり干渉することなく攻撃できるランス、溜め切りによる大ダメージをだせる大剣あたりとなります。


壁にさすときは何かのサインを出す事をオススメです。
しないと何もできずに壁を壊してしまうので連携が重要ってわけなのです。
壁の場所は左上と右側のありますが、上に上ることができます。
ここで角笛を吹いたりすることで角をさすことができます。
ただし、空を飛んでいる時はさすことができませんので注意が必要となります。

続いては翼(翼膜)です。
こちらは片翼だけで破壊報酬となりますので片方だけで大丈夫です。

メンバーにボウガンがいる場合は翼を狙ってもらうか、睡眠弾で眠らせて爆弾を使うという方法があります。

逆にいない場合は麻痺中に片翼に全員で打ち上げタル爆弾を使う+転倒中に翼を攻撃して破壊するといったのが主な方法となります。

尻尾に関しては麻痺中に切ったり、角が刺さっている時に狙うのがオススメです。

脚も破壊できますが、こちらは殴っている間に壊れていたっていうのがほとんどだと思います。

ちなみに頭に攻撃するタイミングなのですが、大剣とランスであれば、火属性のブレス後に頭が下がっていますのでそこを狙うということもできます。

ちなみに麻痺役は二人、角破壊役が二人という感じで行くといい感じになります。

私自体はアルバ戦にランスと大剣、ハンマーでいったことがあります。
太刀が嫌いというのではなく、使い方を知らないというわけでしてw
練習しないとはいけませんね。

ボウガンが一人いると翼膜は狙いやすかったというのが感想です。
ただ、翼膜ではなく他の素材の場合に化ける場合もありますので注意です(

コイツも書きましたのでおそらく残っているのはイビルジョーと村のナバルデウスですね。

ナバルデウスに関してはほとんど討伐をしていないので書くことができず、イビルジョーに関してはランスでしかやったことがないのでまだ書けませんw

ということでアルバトリオンのレポートでした。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
「アルバ・レポート」について 「アルバ・レポート」について関連の記事。  [続きを読む] 関連記事 2009/09/13 16:17
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。