スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宝玉を求めて(テオ・テスカトル攻略~大剣Ver.)

2010/01/08 21:10
前にも同じような記事があったとは思いますが、お気になさらずに(


今回はG級テオ・テスカトルです。

詳細は続きからどうぞ。

金色・真シリーズ+大剣という組み合わせで行ってきました。武器はブリュンヒルデを使用。

基本的な立ち回りですが、武器だし攻撃をメインで使います。そのため、一式+抜刀術の組み合わせがいいと思います。
テオ・テスカトルは突進にも龍属性があるのですが、2この防具は25もあれば言うまでも悪くないので安心できますし、火属性も15と悪くはありません。

攻撃タイミングですが、突進後の振り向きに対して、前足か顔に武器だし攻撃を当てて、回避がメインとなります。そしてブレス中は広範囲ですが、この時にもチャンスがあります。
前足の後ろ側に回り込むようにして、溜め攻撃2を当てていきます。最大溜めですと回避できないことがあるため無理は禁物なわけです。

そしてもう一つの厄介な技といえば、粉塵爆破なのですが、これは粉塵の色で見分けることができまして、赤と黄色の2種類があります。
赤の方はテオ・テスカトルに近い位置で爆発するため、テオ・テスカトルから離れて回避した後に武器だし攻撃を頭に当てるという感じで地味なのですが、攻撃を当てるチャンスです。
逆に黄色の粉塵の時には離れたところで爆発するため、溜め切りのチャンスとなります。ただし、G級では爆発する前に(黄色い粉塵が待っている時でテオ・テスカトルが噛み付くような動作をしたとき)足元が光る時があります。
要するに溜め動作の時に足元が光った時はその場所が爆発するので注意ということです。

顔を攻撃して転倒したときは顔に最大溜めで問題ないと思います。
地形ダメージの効果を無くすためにも、地形ダメージ無効のスキルを使うか、早めに顔を攻撃して角の破壊を目指すのが先決だと思います。

角を破壊できれば地形ダメージは抑えることができますので、転倒した後は尻尾を破壊しにいく感じとなります。

金色・真シリーズはG級のラージャンをやらなければならずそろえるのも大変なので、切れ味レベル+1と龍耐性が低くなりますが、かわりに火耐性が上がり地形ダメージ無効と根性が付くラヴァXシリーズで代用できないこともないと思います。
根性があるので、ある程度はやられるということも抑えることもできると思います。

そんな感じで行ったわけなのですが、1回目は15分ほどで角を破壊、25分で撃退となりまして、2回目は10分針で尻尾破壊して17分前後で討伐となりました。
フィールドに関してでいいますと、沼地は全体的に狭いので逃げ道が狭いという点に注意ですが、逆を言えばあまり動き回らないのが長所となります。
一方火山では、地形ダメージに注意なのとクーラードリンクがいるといったところでしょうか。まあ、広いので動き回られるのもありますが比較的楽だと思います。

慣れていない場合には回復薬、回復薬グレードなどのは回復系を多めに持って行きましょう。もちろん余裕があれば調合素材である、ハチミツやアオキノコもあると安定すると思います。

ちなみにテオ・テスカトルをやっていたのは大宝玉の入手率が最も高いファミ通のクシャルダオラができないので、こちらをやりました。
もちろん出ませんでした(

モンスターハンターで久しぶりの攻略記事を書いてみました。
そんな感じで今日は終わりたいと思います。


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。