スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOGプレイ記⑥

2009/12/26 21:00
テイルズの方もいいところまで進んできたと思います。

昨日は書けませんでしたが、とりあぜず前回の続きから少し進んだので、書いておこうと思います。

あいかわらずですが、ネタバレもありますので、その点だけはご注意をお願いします。

※12/26の記事となっていますが、実際に書いたのは12/27となっております。

前回はストラタで大統領と会って終わったのですが、その続きから書いていきます。

しかし、ストラタでの問題が分からず、大変ということのためユ・リベルデの住人に話を聞いていきます。
その話によると、どうやら全体的な水の量が減ったというのが問題のようでして、こちらの問題をつきとめたため、大統領のところへ向かいます。

そして、これらの問題を解決するのに西門から出て、目的地へと向かいます。

そしてストラタの恒例となった砂漠を抜けて、砂漠遺跡へ付きました。
そして遺跡の中を進んで、パスカルが見事に修復しました。

その時に使ったのが、ドリルとハンマーだけでして、問題解決するとはなかなかの技術者と思いました。(性格がどうみたってふざけているような感じなのですが、頭はいいというギャップもあるわけでしてw)

そして問題を解決をしたと思ったら、なぜか暴走王子ことリチャードの姿が(

そして、またもやいざこざがあったわけです。

とりあえずプレゼントされた(?)敵を倒して、砂漠遺跡を脱出し、大統領の下へ向かいます。
その後の話で、リチャードはウィンドルから突如姿を消したそうです。またこのタイミングでヒューバートが仲間となります。

そしてその後は、ユ・リベルデの北の方にある港を目指して進んでいきます。そこから闘技島というところに到着。
ここではフェンデルへとの進入するために、ストラタから潜入していたスパイが捕まっているということを聞かされます。

この人を助けるために闘技場に挑むことになります。
そしてここでは、フェンデル兵との勝負となりましたが、なにやら卑怯な事を使用とした所に闘技場の番人にやられてました。
そしてスパイを助け出したためフェンデルに迎えるようになります。

ここで短いですが、今回は終わりとなります。

それにしてもストーリーが長いもの(代表例としてFFなりドラクエやテイルズ)っていうのは私自体あまりやらないもので進むのも遅い感じとなっています。
それでものびのびできるのがいいですね。また、キャラも個性的なのでストーリーを盛り上げてくれるのもあります。

私からはこの作品はじっくりとやりたいという人にオススメしたいと思います。(ただしWiiのソフトとしてですが)

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。