スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンのモチベが(

2009/12/21 23:40
どうなったといいますのは追記からどうぞ(

+αで砂パについて考えてみました。




モチベーションの方はといいますとこの数日でかなり上がっています。

というのもバイト先で結構話が盛り上がりましてですねw

現在作りたいと思っているのはノクタスでして、砂パについて書こうと思ったのはこいつのこともあります。

ノクタスの強みといいますと、砂パの苦手とする水タイプや地面タイプを得意としている点がいいと思うんですよね。
さらに特性のおかげで砂嵐の影響を受けないのも強みだと思います。

その砂嵐は特性で発動させることができるポケモン、これに当てはまるのはカバルドンとバンギラスとなります。
今回はその2体の長所と短所を見てみます。

カバルドン
・長所
回復技が怠ける(眠るを使わなくて済む)
ステルスロックで牽制できる技が多い(吠える、欠伸)
防御面が高く、広範囲の弱点を付ける地震がタイプ一致である
弱点の数がバンギラスよりも少ない

・短所
決定打を上げるのに時間がかかる(のろいを使う場合)
鬼火がつらい(物理技が主となるため)

バンギラス
・長所
物理技・特殊技の両方が可能(技が豊富)
能力を上げる技が豊富(龍の舞、鉄壁、のろい、ロックカットなど)
自身が岩タイプなので、特殊技にある程度耐久力がある(砂嵐の影響を受けるため)

・短所
弱点が多い(特に格闘4倍)
回復技が眠るしかない(受けの場合で、回復技を使いたい場合)
対戦ルールに引っかかることがある

このあたりとなります。

これでいいますと、カバルドンは覚えられるタイプの技が、バンギラスよりは少ないですが、怠けるを使うことができ、物理受けとしても最高クラスの強さを持つことができると思います。また、ステルスロックと相性のいい技を多く覚えるのも良かったり、一撃必殺技の地割れを使うことができます。

バンギラスは物理技・特殊技と豊富な種類がある点、龍の舞やロックカットによる素早さ強化の補助技、特殊技に対して、自身の特性を出すだけで受けるなど、タイプ一致の物理技か格闘技でなければ一撃で倒されづらいというのがバンギラスの強みといえると思います。

しかし、バンギラスは進化レベルで制限を受けることもあり、その場合はカバルドンを使わないといけなくとなるというわけです。

そのあたりも考えて、今回は砂嵐のメインとなるポケモンについて、短くですが考えてみました。

ということで今日は終わりたいと思います。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。