スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代の巻貝

2009/12/17 20:09
今回も育成論です。前回と正反対のなるポケモンとなっています。またもやなかなか題名を思いつきませんでした(ぁ



(※自論が多いので参考程度にお願いします。)


i_omusutaa.gif
オムスターです。

初代の化石ポケモンの一体であり、貝の化石から復活します。見た目もとげとげしいのが特徴だと思います。


前置きは少しだけににして基本データです。



HP70   攻撃60   防御125   特攻115  特防70   素早さ55

タイプ 水/岩

タイプ相性

4倍 草
2倍 電気/地面/格闘
1/2 ノーマル/氷/飛行/毒
1/4 炎

特性 すいすい(雨状態の時に、素早さが2倍になる。)
   シェルアーマー(相手の技が急所に当たらない。)

タマゴグループ 水中1/水中3

タイプはカブトプスと一緒で、特性も同じものとなっています。しかし、こちらは防御が最も高く、次に特攻が高いという感じになっています。
雨を利用したアタッカーはもちろん、砂嵐の恩領を受けますので砂嵐や雨を利用したアタッカーとして活躍できます。

もう一つは撒くタイプの技を豊富に使える点が長所になっています。ステルスロックはもちろん、毒びし、撒きびしをタマゴ技で習得できるてんがうれしいところです。
プラチナでは教え技で、天敵ともなっていたエンペルトやドククラゲの弱点を付ける大地の力を覚えられるようになりました。

ということでオムスターを使った戦術を紹介します。

特殊アタッカー戦術①(すいすい)

ハイドロポンプ(波乗り)/冷凍ビーム/原始の力(目覚めるパワー岩、電気)/大地の力(ステルスロック、毒びしなど)@ラムの実、命の玉など 控えめ

努力値は特攻252、素早さ252、残りはお好きなようにどうぞ。

雨状態で補った素早さと威力補正を受けるハイドロポンプ(波乗り)を中心に攻めて行きます。冷凍ビームは草・ドラゴンタイプの対策、原始の力は氷タイプピンポイント、目覚めるパワーの岩は原始の力よりも威力が欲しい場合で、電気であれば、水タイプの弱点を付くことができます。
大地の力は電気タイプとエンペルト・ドククラゲ・乾燥肌を持つドクロックの弱点をつくことができます。
毒びしなどは後続のサポートにどうぞ。

特殊アタッカー②(シェルアーマー)

ハイドロポンプ(波乗り)/冷凍ビーム/原始の力(大地の力)/毒びし(ステルスロック、ロックカットなど)@リンドの実、ラムの実など 控えめ

努力値は特攻252、HP252or素早さ252(ロックカットを使う場合)、残りはお好きなようにどうぞ。

こちらは砂嵐の恩領を受けているため耐久力が上がっているのが特徴です。
見た技以外のそれぞれの技の特徴は上の戦術を参考にするとしまして、草タイプ以外でタイプ一致の技でもなければ一撃でやられることは少ないと思います。
タイプ一致の技に関して書いていませんでしたが、波乗りは命中率重視(安定が欲しい場合)、ハイドロポンプであれば威力重視となります。

後続サポート戦術

波乗り(冷凍ビームなど)/ステルスロック/毒びし(撒きびし)/眠る(鉄壁)@カゴの実、食べ残し、オボンの実など
 図太い

努力値はHP252、防御252、残りはお好きにどうぞ。

波乗りや冷凍ビームは挑発対策に使います。ステルスロックと毒びしを撒くだけでも相手の交代を妨害できる点がいいと思います。
ただし、弱点はメジャーなタイプが多い点には注意です。


今回でで化石ポケモンの育成論は終わり・・・じゃないです。
「化石から復活」するポケモンは終わったのですが、化石に近いポケモンが残っていますので、次回はそいつになります。
前置きでもこのことは書きづらかったので、短くしました。・・・ややこしいテーマなわけです(ぁ


ということで今日は終わりです。


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。