スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミユリの脅威

2009/12/09 16:04
今回も前回のポケモンと対となるポケモンとなっています。題名も見た目から決めました。





(※自論が多いので、参考程度にお願いします。)


i_yureidoru.gif
ユレイドルです。

根っこの化石から復活したリリーラが進化ポケモンで、しぶとそうな感じがします。
当時は暖かい海に生息したそうです。


前置きが短いですが、基本データです。


HP86   攻撃81   防御97   特攻81   特防107   素早さ43

タイプ 草/岩

タイプ相性

2倍 氷/鋼/格闘/虫
1/2 ノーマル/電気

特性 吸盤(吠える・吹き飛ばし無効)

タマゴグループ 水中3

能力は防御面が高く、特に特防が高いという感じになっています。また、岩タイプでもあるため砂嵐の影響を受ける点で特殊防御面はかなり優秀といえます。
また、補助技も豊富で、バリヤー・度忘れ・蓄えると状況に応じて、使う技を選べることができ、回復技に自己再生、特性によって追い出されない点もあり、居座りも得意といえます。
その代わり補助技を多く使うことになるので、挑発には弱くなります。
プラチナでは物理技の草タイプの種爆弾。特殊技では鋼タイプの対策となる大地の力を覚えられるようになりました。

さらにリメイク版ではさらにタマゴ技でのろいが追加され、補助技に幅が広がりました。
砂嵐の恩領を受けたいため、砂嵐状態にできるカバルドンやバンギラスを手持ちに入れたいところです。

ということでユレイドルを使った戦術を紹介します。

持久戦戦術
草結び(エナジーボール、大地の力、地震)/毒々/自己再生/バリアー(蓄える)@食べ残し、オボンの実 図太い、腕白

努力値はHP252、防御252、残りはお好きなようにどうぞ。

特防に関しては砂嵐で補うことができ、さらに蓄える・バリアーによってさらに防御面を強化できます。
長期戦が得意であるため、毒々も相手を早く倒すための補佐となります。

攻撃は地面・岩対策となる草結び・エナジーボール・種爆弾、同じく岩タイプの弱点を付くことができ、ユレイドルの天敵となる鋼タイプの弱点を付ける地震・大地の力、飛行・炎タイプの対策となるストーンエッジが候補となります。

自己再生とバリアーの同時遺伝はサニーゴを使うことで遺伝できます。

のろい戦術
のろい/ストーンエッジ/自己再生/種爆弾(地震)@食べ残し、オボンの実

努力値はHP252,特防252、残りはお好きなようにどうぞ。

特防特化+砂嵐を利用して、決定打を強化していきます。のろいを使うことで物理技の決定打を上げつつ、相手を倒していきます。ストーンエッジはPPが少ないためポイントアップ計で増やしておきましょう。
ただ、居座ることになるため長期戦を得意とする戦術の妨害となる毒や物理技を使うため、火傷にも注意です。

物理アタッカー戦術
ストーンエッジ(岩雪崩)/剣の舞/地震/自己再生(種爆弾)@ラムの実、食べ残しなど 意地っ張り、慎重

努力値はHP252.攻撃or特防に252、残りはお好きなようにどうぞ。

のろいとくらべると剣の舞は決定打を素早く上げる事ができるため、威嚇を持つギャラドスやボーマンダといった相手を得意とします。
意地っ張りであれば、決定打は高くなり、慎重であれば砂嵐の影響を最大限に受けることができます。

上の戦術では書いてありませんでしたが、ユレイドルが苦手とするのはハッサムやヘラクロス、メタグロスといった鋼タイプや格闘タイプの物理アタッカーを苦手としていますので、出てきた場合は素直に戻した方がいいでしょう。
もちろん鬼火や挑発に弱いのも欠点だったりします。


ということで今日は終わりたいと思います。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。