スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハンター・コラム③

2009/11/24 14:47
久しぶりに思いつきましたので書いてみたいと思ったので書いてみました。今回もモンスターについてとなっております。

続きからどうぞ。

今回はドドブランゴなのですが、コイツの登場は2からであり、このシリーズでは新しい種類として登場した牙獣種という種類となっております。

ちなみに見た目どおり雪山にしか生息しておらず、手下も従えておりドドブランゴwp怒らせていた場合は礫を投げてきてきますので、厄介なわけです。

ちなみに部位破壊でも特殊なものがあり、牙を破壊するためには火属性が必要となります。また、この点はどうでもいいだろうと思うかもしれません。

しかし、コイツがカオス的な存在だと思ったのは(個人的ですが)、MHP2Gの時になってからです。この時代にドドブランゴの亜種が登場しました。

亜種が出たのはいいですが、実は生息地が違うんです(ぁ

原種の方は雪山と先ほどなのですが、亜種の方は砂漠のほうに出現するんですw
要するに雪山で現れたやつがなぜ砂漠で現れたのかっていうことですね。寒さに強いはずが、なぜ暑い地方に現れたのかは謎ということになっています。

予断でペイントボールを無効にできる点は地味に厄介なのですが、その行動を行っている間は隙だらけです(ぁ

ちなみに牙破壊に関しては、原種とは違って氷属性のみで破壊できます。要するに生息地に関してや属性の弱点が逆になっています。

攻撃方法も原種は氷の塊を投げてくるのに対して、亜種は岩を投げてきます。ブレスに関しても原種は雪だるまになるブレスなのに対して、亜種は必ず気絶効果付きのブレスを使ってくる点でも違うっていうのが分かります。

また、亜種には同じ色をした色違いのブランゴがいそうな感じがするようでいない点でも違うんですよねw

どうすれば生息地があんなに違うのかという不思議なモンスターがドドブランゴなのだと思います。

今回はここら辺で終わりたいと思います。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。