スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近思うこと

2009/10/26 16:24
ポケモンのモチベーションが上がっているということで考えてみました。

バトルタワーのwi-fiをやったのですがブランクが長く流石に負けまくりました。
特にメタグロス、ゴウカザル、ハッサム、スターミーなんかが多いという印象を受けましたね。
他にもガブリアス、ボーマンダ、ハピナスといった相手も普通に多かったです。

今回やって感じたことは、マニューラや特殊アタッカーが減ったってことでしょうか。

鋼タイプはピンポイントで出せば半減できたりできるので、そこまでは弱くはなっていません。
また、ハピナスやカビゴンといった強力な特殊受けはもちろんなのですが、プラチナで強化されたハッサムの影響も実は強かったりします。

しかし、これはバトルタワーでの話です。

3-3という条件ですと比較的殴り合いが多くなり、余程のことが無い限り長期戦になることが少ないんですよね。

これが対人戦(6-6)になりますと、罠系(毒びし、ステルスロック)や砂嵐、霰を利用したダメージを蓄積して倒しやすくするということが多くなっているようです。

毒びしも使われることになったことにより、毒びし、高速スピン対策はある意味必要になってきたと思います。

そこでその候補を何体か上げてみたいと思います。


ドククラゲ~特防が高く、格闘タイプを半減できますが、防御が低いのがネックです。バリアーなどでカバー可能です。また、毒びしを使えます。特性により宿木の種には強いです。

ニドクイン~ステルスロック、毒びしを使うことが可能です。また、覚えられる技が豊富で柔軟に対応できるのが強みです。

ドラピオン~弱点が少なく、吹き飛ばし+毒びしが使用できるので相手に毒をまくことが可能です。追い討ちも使うことができるのでゴースト、エスパーにもある程度対応できます。

フォレトス~弱点は一つしかありませんが、役割破壊としてよく使われる炎タイプなので注意が必要です。ステルスロック・毒びし・撒きびし・光の壁・リフレクター・高速スピンとサポートが豊富なのが強みだと思います。サポート後は大爆発で道連れを狙うという荒技も可能です。ゴースト対策にはしっぺ返しを使いましょう。

パルシェン~弱点が多く、特殊技にはとても弱いですが、氷の礫と高い防御力で物理技を使うドラゴンタイプの相手を得意とします。また、波乗りも使うことができるので地面タイプもそれなりに対応できます。撒きびし・毒びしを撒くことができ大爆発で去るということもできます。

スカタンク~こちらもドラピオンと同様弱点が少ないのが長所です。毒びしは使えませんが、大文字、大爆発が使えるので、毒びし回収+鋼タイプに対応できたり、共倒れに持っていけることができます。

ハリーセン~特性を組み合わせることにより、雨の状況で毒びしを使ったり柔軟に対応できることができます。自身も毒タイプなので同時に毒びしを回収できるので雨を利用する場合に毒びしの対策をするのにはオススメです。

ロズレイド~こだわりスカーフ+リーフストームで撃ち逃げしながら毒びしを回収できます。また、特攻が高く、アタッカーとしても活躍できるのが強みです。毒びし・宿木の種も使うことができます。

ベトベトン~特防、HPが高く、豊富な技を使えるのが強みだと思います。防御に関してものろいや溶けるによりカバーすることもできます。大爆発もOKです。

マルノーム~どちらかというとバランスが取れており、蓄える・度忘れ・溶けると能力強化やアンコール・欠伸といった補助技が特徴です。ベトベトンが覚えられない地震は差別化につながります。大爆発も覚えます。ドククラゲ同様宿木の種にも強かったりします。

フシギバナ~御三家だけあり、バランスが取れていると思います。毒びし回収はもちろん、度忘れや甘える・宿木の種・光の壁など豊富なサポート技が特徴です。

ドクケイル~浮いているように見えますが、実は地面技が当たります。光の壁やとんぼ返り・吹き飛ばしが使えるのでサポート向きです。

ゲンガー~毒びしは回収できませんが、相手の高速スピン対策という意味ではオススメです。特殊アタッカーとして、なた大爆発が使えます。

ムウマージ~高速スピンの対策としてオススメですが、こちらはエスパー技が弱点でないところにゲンガーとの差があります。また、電磁波もムウマージしか使えません。

今回は毒びしの撒く候補や回収にオススメのポケモン・高速スピン対策のポケモンを書いてみました。

次回はステルスロックについて考えてみたいと思います。

ということで終わりです。

全体的に弱点の少ない水タイプは比較的使われるので安定してダメージを与えられる電気タイプを準備するというのありなのですが、ラグラージ・ランターンといった電気対策も多くなっているので草タイプの技を覚えさせるというのもありかもしれません。

バトレボもやるという可能性も高いと思います。

ということで終わりです。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。